Webセミナー(ウェビナー)/オンラインのセミナーなどはグローバルコモンズにご相談ください。

お問合せ 15日間無料お試しお申し込み メルマガ登録 ビジネスパートナー募集

利用規約

グローバルコモンズ株式会社(以下「当社」という)では、ムービーコモンズ(以下「本サービス」という)に、下記の利用規約(以下「本規約」という)を設けております。本サービスへのお申し込み及びご利用は、本規約の内容をご承諾頂くことを前提としております。

第1条(総則)

  1. 当社は、本サービスを利用者に対して提供します。
  2. 利用者は利用料金の支払等、この規約に定める一切の義務を誠実に履行するものとします。

第2条(本規約の適用)

本規約は、別段の取り決めがある場合を除いて、本サービスをご利用いただく際の、当社と利用者との間の一切の関係に適用させていただきます。

第3条(利用者と申込)

  1. 利用者とは、本規約を承認の上、当社に、または、当社販売パートナーを通じて当社に、本サービスの申込を行ない、本サービスを利用する権利を認められた個人または法人を指します。
  2. 利用者は、自分または自社の目的のために本サービスを利用するものとし、当社の許可がある場合を除き、第三者に対して本サービスを供与することは有償無償を問わず許されないものとします。

第4条(サ−ビスの内容)

  1. 当社が本サービスにより利用者に提供するサービス内容は、当社Webサイト、並びに、当社サービス説明資料に記載されている通りです。
  2. サ−ビス内容の変更は、当社が必要と判断した場合、利用者の承諾なしに行うことができます。ただし、その場合は事前にその旨通知するものとします。
  3. 当社は、利用者が本サービスを円滑に利用するための利用者サポートを提供します。

第5条(利用料金と支払方法)

  1. 本サービスの利用料金と支払方法については、当社サービス説明資料に記載されている通りです。
  2. 利用料金の支払サイトは、初期設定料については前払いとし、月間利用料については、当社または当社販売パートナーが請求書を発行した日の月末締め翌月末日払いとします。
  3. 利用料金の支払先は、当社に直接申込みをした利用者については当社指定の銀行口座に、また、当社販売パートナーを通じて申込みをした利用者については当該販売パートナー指定の銀行口座に振込むものとします。
  4. 利用料金の改定は、当社が必要と判断した場合、行うことができます。ただし、改定に関わるサービスを利用している利用者と協議を行い、双方合意のもとでこれを行うものとします。

第6条(契約期間)

本サービスの契約期間はご利用のプランにより異なります。各プランの契約期間は、当社サービス説明資料に記載されている通りです。

第7条(禁止事項)

  1. 本サービスの利用に当たり、次の行為を禁止します。
    1. 他人の著作物をその著作者に許可なく無断で転用すること。
    2. 虚偽の情報を提供する等して第三者に不利益をもたらすこと。
    3. 誹謗、中傷、わいせつ等公序良俗に反する情報を流すこと。
    4. その他、法律に反すると判断される行為をすること。
  2. 前項に抵触すると判断された時、当社は利用者に通知することなく、掲載された情報を削除することができます。

第8条(利用資格の停止・取消)

  1. 利用者が次の各号に該当する場合、当社は当該利用者の利用資格を停止または取り消すことができます。
    1. 申込時に虚偽の申告をした場合。
    2. 第7条に該当する禁止行為を行なった場合。
    3. 利用料金の支払を遅滞し、または支払を拒否した場合。
    4. その他当社が利用者として不適当と判断した場合。
  2. 前号各号の事由が生じた場合、利用者は当社への債務を直ちに全額支払うほか、それらの事由の発生により当社が被った一切の損害賠償の責を負います。

第9条(利用者の解約)

  1. 利用者が本サービスを解約する場合、解約する月の1カ月前までに書面によりその旨を当社に通知するものとします。
  2. 利用者が本サービスを解約する場合、当社に対する債務がある時にはその全額を支払わなければなりません。
  3. 利用者が本サービスを解約する場合、すでに徴収した料金の払い戻しは一切行ないません。
  4. 利用者は当社が上記手続きを完了したと認めた時をもって本サービスを解約したとみなされます。

第10条(システムの運用管理)

  1. 本サービスを提供するためのシステムは、基本的に1週7日間、1日24時間利用できるものとします。ただし、 システム設備の保守または工事など止むを得ない事由でシステムの運用を停止する場合は、利用者に対して速やかに通知するものとします。なお、緊急の場合には事前の通知を行わず事後に通知をするものとします。
  2. 上記の理由により、当社の提供するサ−ビスに遅延または中断が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第11条(損害の免責)

  1. 当社は本サービスの利用により発生した利用者の損害については一切賠償の責を負わないものとします。
  2. 利用者が本サービスを利用することにより他人に対して損害を与えた場合、当該利用者は自己の責任により解決するものとし、 当社には一切の損害を与えないものとします。
  3. 利用者の操作により、誤ってデータの消失・破壊等の事態が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 本サービスでは、利用者のデータのバックアップを行いますが、利用中のデータを保管するディスクとバックアップデータを保管するディスクの両方に破損等が生じた場合、完全なデータ復元の保証をすることができません。ただし、この場合であっても、利用者がオリジナルのデータを保有している場合は、当社はそれを利用してデータ復元の作業をするものとします。

第12条(届け出事項の変更)

  1. 利用者は当社への届け出事項に変更が生じた場合、速やかに通知するものとします。
  2. 利用者からの変更通知がないために、当社からの通知または送付書類その他のものが遅着し、または到着しなかった場合には当社はその責任を負いません。

第13条(利用規約の発効)

この利用規約は、当社が利用者からの申込書を受理した日から効力を生じます。

第14条(利用規約の改定)

  1. 本規約は、当社の判断により利用者の承諾なく変更・改定ができるものとします。その変更・改定の内容については、利用者に対して事前に通知するものとします。
  2. 改定後の本規約も、当社と利用者との間の一切の関係に適用されるものとします。

第15条(合意管轄)

当社と利用者との間で訴訟が生じた場合、当社所在地を管轄する裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

第16条 (諸法令、諸規則の順守義務)

利用者は国内外の諸法令、諸規則を順守し、従うものとします。

附則

2009年12月2日実施
2010年12月27日改定
2012年2月6日改定


MovieCommonsサービスの可用性に関するサービスレベルアグリーメント(SLA)

1. 適用範囲 - 定義

本サービスレベルアグリーメント(以下「本SLA」という)は、グローバルコモンズ株式会社(以下「当社」という)が提供するMovieCommonsサービス(以下「本サービス」という)を利用するお客様(以下「顧客」という)に適用される。本SLAで使用する「MovieCommonsサービスの可用性」とは、本サービスで管理されている顧客のコンテンツに第三者がHTTP/HTTPS/RTMPEを含む本サービスで使用されるプロトコルを利用してアクセスできるかどうかを1ヵ月という期間を基準としてパーセントで表したものである。この数値は、当社が測定し、決定するものとする。

2. サービス品質

a. 目標

当社は、すべての顧客に対して100%のサービス可用性を達成することを目標とする。

b. 対応策

本サービスの可用性が100%に達しなかった場合、後述する第3項および第4項の条項を前提として、当社は顧客に料金を返還する。返還率は以下の表のとおりとし、該当するサービスの月額料金を対象に計算する。

サービス可用性 返還率
99.9 〜 100% 0%
98% 〜 99.8% 5%
95% 〜 97.9% 12%
90% 〜 94.9% 25%
89.9% 以下 100%

3. 例外事項

本サービスの可用性の不達成が、以下の要因によって生じた場合は、顧客は本SLAで定める料金の返還を受けることができないものとする。

  • 定期保守、並びに、緊急保守で事前に顧客にその旨の通知がある場合。
  • 以下のような当社の外部で発生した事象のために、当社が適切に管理できない状況が発生した場合:政府機関による決定事項、戦争、破壊活動、武力闘争、輸出入禁止令、洪水などの天災、ストライキなど労働者の騒乱、通信手段や第三者のサービスの障害・停止・遅延、DoS攻撃(サービス妨害攻撃)などを含むが、これらに限定しないものとする。
  • 顧客と本サービスを接続するアクセス回線に障害が発生した場合。
  • 当社が直接管理できない上位のDNS関連の問題。
  • 顧客、または、顧客が指定・許可した第三者の作為および不作為:これには、過失、違法行為、当社の利用規約の違反などが含まれるが、これらに限定しないものとする。

4. 顧客からの請求と支払い手順

顧客が料金返還を求める場合には、当社宛てにEメールで請求するものとする。

本SLAに関する請求を行う場合は、顧客名、アカウント名、顧客が利用する本サービスの可用性に問題が発生した日時を明記し、問題が発生した日から10営業日以内に当社に到着するように送付するものとする。

可用性に関する問題を当社が確認できた場合は、顧客からの返還金を請求するEメールを受領後、次の料金請求サイクル内において料金を返還するものとする。料金返還にあたっては返金処理はしないものとし、将来の請求額から該当する金額を差し引くものとする。

本SLAの規定にかかわらず、該当月における顧客に対する返還額の合計は、該当するサービスに対して顧客が支払うその月の料金の合計額を超えないものとする。サービスに対して当社が顧客に請求・徴収した税金は返還処理しないものとする。顧客が利用する本サービスの可用性が達成できなかった場合は、返還処理以外の救済はないものとする。

附則

2010年12月27日実施